メモリーバスとは?

最終更新日 2019年10月11日

チップセット←→メモリー間のバスをメモリーバスと呼ぶのか

システムバス高速化のメリット DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。(この記事は2007年9月号の記事)
Intel CPUのプラットフォームアーキテクチャでは、CPUとメモリ間のデータ転送にチップセットを経由するため、システムバスとチップセット←→メモリ間のバス(メモリバス)は、両方ともノイマン・ボトルネックの緩和に大きな影響がある。
チップセットとメモリーを接続するバスを、メモリーバスと呼ぶようです。ちなみに、同記事では CPU とチップセットを接続するバスを、システムバスと呼んでいます。

CPU
システムバスで接続
チップセット
メモリーバスで接続
メモリー

CPU とメモリーを接続するバスをメモリーバスと呼ぶのか

チップセットとメモリーをメモリーバスで接続する場合では、メモリーの制御等を行うメモリーコントローラーはチップセットに内蔵されています。

インテルの CPU では、Core i7 等から CPU にメモリーコントローラーが内蔵され、メモリーは CPU と接続するようになりましたが、CPU とメモリーを接続するバスをメモリーバスと呼びます。

メモリー
メモリーバスで接続
CPU
メモリーコントローラー内蔵
システムバスで接続
チップセット


キャンペーン情報
ツクモ
・スタッフ特選!PICKUPセール
お買い得商品を多数ご用意
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(4月27日迄)

メモリーバス



デル株式会社