Point to Pointとは?

最終更新日 2019年10月11日

Point to Point とは個々のデバイスが一対一接続する形なのか

ASCII.jp:いまさら聞けないIT用語集 データ転送経路のRing Bus (1/3)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 には、Point to Point について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018年3月12日)
個々のデバイスが一対一接続する形だ。
同記事のさらなる解説によると、Point to Point は各バスが独立しており速度やバスのデータ幅を自由に選べ特に速度を上げやすい、小規模なデバイス構成であれば最小の面積でバスを実装できるメリットがあるそうです。

Point to Point は、大規模なデバイス構成だと配線の数が爆発的に増え、ハブを使って配線の数を抑えることはできるがハブを複数個使うほどになるとハブが原因のレイテンシーや消費電力増加が問題になる、大規模なデバイス構成で使うハブの内部は複雑化するデメリットがあるそうです。


キャンペーン情報
ツクモ
・スタッフ特選!PICKUPセール
お買い得商品を多数ご用意
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・スプリングフェスタ
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(4月27日迄)