前方互換性、後方互換性、上位互換性、下位互換性の英語表記は?

最終更新日 2019年08月16日

前方互換性、後方互換性、上位互換性、下位互換性の英語表記とは何か

互換性 - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2019年2月28日)
前方互換性(英語: Forward compatibility)
新しいシステム向けのデータなどが古いシステムでも使用できること[1]。
後方互換性(英語: Backward compatibility)
古いシステム向けのデータなどが新しいシステムでも全て使用できること[2]。
上位互換性(英語: Upper compatibility, Superset)
機能・性能・グレードが上位の製品が、下位の製品の機能も有すること。
下位互換性(英語: Lower compatibility, Subset)
機能・性能・グレードが下位の製品が、上位の製品の機能を有すること。
前方はForward、後方はBackward、上位はUpper、下位はLowerへ英訳しており、特に問題はないように見えます。

上位互換と下位互換、前方互換と後方互換 - 新Jay's時事英語研究 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2010年2月6日)
非常に混乱している表現に「上位互換」と「下位互換」、「前方互換」と「後方互換」があります。これらを英語で表わすと、それぞれ、lower compatible と upper compatible、backward compatible と forward compatible です。

(略)

1. 日本語の「上位」「前方」は、「上 (または前) が基盤で、下 (または後ろ) と互換性がある」を、「下位」「後方」は「下 (または後ろ) が基盤で、上 (または前) と互換性がある」を意味しています。
2. 英語の upper および forward は「下 (または後ろ) を基盤として上 (または前) に向かって互換性がある」を、lower および backward は「上 (または前) を基盤として下 (または後ろ) に向かって互換性がある」を意味しています。
3. よって、上位 = lower (上位 ≠ upper), 下位 = upper (下位 ≠ lower), 前方 = backward (前方 ≠ forward), 後方 = forward (後方 ≠ backward) となります。
日本語と英語では、基盤となる基準が違うようです。

前方はForward、後方はBackwardに英訳すれば良さそうですが、違うようです。上位はUpper、下位はLowerと英訳することに関しても違うようです。

日本語ではどこに互換性があるのか、英語ではどの方向に互換性があるのか、この両者の違いを覚えておくと良いと思います。

例えば、上位は下位と互換性があるは上位に互換性があるので日本語で言うと上位互換性、言い換えると上位は下位の方向に互換性があるので英語で言うとLower compatibleとなります。


キャンペーン情報
富士通
・増税前超決算セール
クーポン利用で18〜23%OFF等の10大特典
(9月25日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(10月15日迄)