マイクロコンピューターとは?

最終更新日 2019年10月11日

マイクロコンピューターとは何か

マイクロコンピュータ - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2018年11月10日)
マイクロコンピュータ(英語:microcomputer)、略してマイコンはCPUとしてマイクロプロセッサを使用したコンピュータである。

(略)

「マイクロ」という語が使われるようになったのは、集積回路によるいわゆるマイクロプロセッサ(それ自体を指してマイクロコンピュータと言うこともある)の登場によるところが大きい(登場当初の頃、チップ1個に集積できたのはコンピュータのCPUの機能だけだったこともあり、「コンピュータと呼ぶのは誇大だ。プロセッサと呼ぶべきだ」というような議論もあったが、大量生産による急激な一般化による「革命」とも言われたブーム(en:Microcomputer revolution)と、実際にコンピュータの全機能を詰め込んだワンチップマイコンの登場により、無意味な議論となった)。

(略)

入出力が揃ったコンピュータ一式を指しての「マイクロコンピュータ」という呼称、特に「マイクロ」や「マイコン」という短縮形は、1980年代中ごろから顕著に減少し、現在では一般的ではない。現在では、マイクロコントローラとも呼ばれる、周辺回路や小規模のメモリをワンチップに組込んだ(ワンチップマイコンという語もある)組込みシステムに使われるマイクロプロセッサを指して使われるのが専らである。
コンピューターは、基本的に演算装置、制御装置、記憶装置、入力装置、出力装置に分けることができます。

データを演算する演算装置と各装置を制御する制御装置が一体となった装置を、中央演算処理装置や CPU(Central Processing Unit)と呼びます。

CPU を一つの IC(集積回路)にまとめたものを、マイクロプロセッサーと呼びます。

マイクロプロセッサーを搭載するコンピューターをマイクロコンピューターと呼びますが、昔と違って今ではマイクロコンピューターとは組込みシステムに搭載されるマイクロプロセッサー(マイクロコントローラー)を指すことが多いようです。

CPU を一つの IC(集積回路)にまとめたものという意味でのマイクロプロセッサーを、マイクロコンピューターと呼ぶこともあったようです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)