ミッドレンジ・コンピューターとは?

最終更新日 2019年10月11日

ミッドレンジ・コンピューターとは何か

わが国におけるメインフレームコンピュータ・ミッドレンジコンピュータ・ ワークステーションに関する平成14年度出荷実績 には、ミッドレンジ・コンピューターについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
 ミッドレンジとは、メインフレームとワークステーション・パーソナルコンピュータの間に位置するコンピュータ全てを指す。主としてマルチユーザ、マルチタスク環境下で利用されるコンピュータであり、ネットワークをベースにしたクライアント/サーバシステムのサーバ機として使用されることを前提としたコンピュータを指す。これらを使用するOSによって、UNIX系サーバ、NOSサーバ、独自OSサーバに分類する。ただし、パーソナルコンピュータサーバは除く。
メインフレームとは、企業や大学で使われる高性能な大型コンピューターです。特定用途に限らず汎用的に使えますので、汎用大型コンピューター等とも呼びます。

パソコンもワークステーションも家庭や企業で使われる小型コンピューターであり、一般的にワークステーションの方が高性能であり、長時間の高負荷処理も安定して動作するように設計されています。

メインフレームと、パソコンやワークステーション、両者の中間に位置するコンピューターを、ミッドレンジ・コンピューターと呼ぶようです。

パソコンやワークステーションでは性能が足りないが、メインフレームほどの性能は不要な用途に使う企業や大学向けのコンピューターと考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)