CPUクーラーのヒートパイプが水平だと良い?

最終更新日 2020年06月28日

CPUクーラーのヒートパイプが水平だと良いのか

アップグレード編 1/3 DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。(この記事は2007年9月号の記事)
ヒートパイプが交差するユニークな形状が鮮烈な印象を与えるサイズの「鎌クロス」。説明書にはこのようにパイプがマシンの底面に対して水平になるような向きで取り付けるよう推奨されている

サイズのCPUクーラー「鎌クロス」
サイズのCPUクーラー「鎌クロス」

同記事にCPUのヒートパイプの方向によって熱輸送能力が変わる理由について書かれています。望ましいヒートパイプの方向について書かているところを抜粋します。
つまり、ヒートシンクやファンが装着されている冷却部は、CPUに密着している加熱部よりも高い位置に来るよう設置するのが望ましいわけだ。
サイズのCPUクーラー「鎌クロス」は、ヒートパイプの方向が水平になるように取り付けることが推奨されているようですが、冷却部の位置を加熱部よりも高い位置にすることができないので、そのように推奨されていると考えられます。

このCPUクーラーを90度回転させて取り付けると、ヒートパイプが曲がっているので重力の影響を受けやすくなり、冷却部で液体化された作動液が加熱部へ戻りにくくなると考えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)