CPUクーラーはヒートパイプがヒートシンクと冷却ファンを大型化?

最終更新日 2021年05月21日

CPUクーラーはヒートパイプがヒートシンクと冷却ファンを大型化したのか

CPUクーラーの冷却性能を高くするために、ヒートシンクのサイズを大きくする方法があります。

しかし、ヒートシンクのサイズを大きくしても、CPUから伝わってきた熱がヒートシンク全体に伝わらないと冷却性能が向上しません。

そこで、CPUクーラーが採用したのが、熱を伝えるのに優れているヒートパイプです。

ヒートパイプにはCPUからヒートシンクへ熱を伝える役割がありますが、ヒートシンク全体に熱を伝える役割もあります。

ヒートパイプとヒートシンクを組み合わせることにより、ヒートシンクのサイズが大きくなっても全体に熱が伝わるようになり冷却性能が向上します。

CPUクーラーはヒートパイプがヒートシンクを大型化したと言えますが、冷却ファンを大型化したとも言えます。

サイズが大きいヒートシンク全体に風を当てるのも冷却性能を高めるのに効果的であり、サイズが大きい冷却ファンも組み合わせるとさらに冷却性能が向上します。

同じ回転数で比較すると冷却ファンのサイズを大きくすると風量が大きくなりますので、サイズが大きい冷却ファンを採用し回転数を落とすことで静音性も向上します。

CPUクーラーはヒートパイプがあってもヒートシンクと冷却ファンそれぞれのサイズが小さい場合もありますが、両者を大型化したのはヒートパイプです。



キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋売り尽くしセール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(10月27日迄)
DELL
・お客様感謝セール
最新のおすすめPCがクーポンで最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・買替応援SALE
Windows 11アップグレード対応ゲーム・クリエイターPC勢揃い
(10月26日迄)