CPUクーラーのプッシュピン式のメリット、デメリットとは?

最終更新日 2019年10月11日

CPUクーラーのプッシュピン式のメリット、デメリットとは何か

CPU編 1/2 DOS/V POWER REPORT | Impress Japan には、以下のとおり書かれています。(この記事は2008年10月号の記事)
 LGA775用のIntel純正クーラーはプッシュピン式のアタッチメントを採用しているが、初めての方が説明書をきちんと読まないで取り付けを行なうと高い確率で失敗する。失敗を繰り返すとピンが破損しやすくなるし、しっかり取り付けできていないとCPUの保護回路が働いて起動しなかったりと、トラブルのもとになるのでしっかり取り付け方を把握しておきたい。
他のプッシュピン式CPUクーラーにも当てはまるのかは不明ですが、CPUクーラーを取り付ける際にピンを破損させてしまいやすいデメリットがあるようです。

PCが動かない 4/4 | PCトラブルバスターズ!!! | DOS/V POWER REPORT には、プッシュピン式であるリテールクーラーについて、以下のとおり書かれています。(この記事は2010年6月号の記事)
固定具は二重構造になっていて、先に穴に押し込んだ外側のピンを内側のピンで押し広げて固定する。とくに外側のピンが壊れやすい
同記事のさらなる解説によると、リテールクーラー用のバックプレートに交換すればバックプレート式CPUクーラーとなり、ピンが壊れやすいデメリットはなくなるようです。

CPUクーラーの固定方法はバックプレート式が主流に 〜CPUクーラー再入門 その2〜 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016年4月14日)
マザーボードへの固定には、ツメとピンを用いる。着脱に工具が不要のため手軽な半面、ムリに付けようとすると壊れやすく、過度の圧力によりマザーボードの反りも生じやすい
同記事全体を読むと、CPUに標準付属するリテールクーラー等、小型で軽量なCPUクーラーでは過度な圧力によりマザーボードに反りが発生するデメリットはなく、大型で重量のあるCPUクーラーがプッシュピン式だとデメリットになるようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)