CPUクーラーのバックプレート式のメリットとは?

最終更新日 2020年07月04日

CPU クーラーのバックプレート式は熱伝導効率、信頼性、耐久性に優れているのか

自作PCをよくするワザ、教えます(2) 〜CPUクーラー編〜 - AKIBA PC Hotline! には、CPU クーラーのプッシュピン式のデメリットについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014年11月4日)
一方、CPUとクーラーとの密着度、熱伝導効率はバックプレートと板バネやスプリングネジを使った方法に見劣りする。また、この方式は基板が歪みやすく、小さなICのはがれや信号線の電気抵抗増加、スキュー(平行して走る信号線のタイミングのズレ)などにつながりやすい。
プッシュピン式の CPU クーラーは、バックプレート式と比べると熱伝導効率、信頼性、耐久性に劣るようです。

改善したい場合はバックプレート式の CPU クーラーに交換する方法がありますが、同記事によるとバックプレートキットを使えば CPU クーラーを交換しなくてもバックプレート化できるそうです。
 冷却効率、信頼性、耐久性を重視するならCPUクーラーの交換がお勧めだが、予算の制限やデザインが気に入っているなど、なんらかの理由でクーラー交換をしたくない場合は、アイネックスの「BS-1156」のようなバックプレートキットを使う方法がある。標準の固定具を活かしてバックプレートにしっかり固定することができるので、冷却効率、信頼性、耐久性の向上が期待できる。

CPU クーラーのバックプレート式は密着度が高く冷却に有利で、高さや重量のあるCPUクーラーでも確実に固定できるのか

CPUクーラーの選び方 - AKIBA PC Hotline! には、CPU クーラーのバックプレートのメリットについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2015年4月10日)
密着度が高いと冷却に有利で、初心者でも確実に取り付けできるのがメリット。

(略)

バックプレートにより、高さや重量のあるCPUクーラーでも確実に固定できる
CPU クーラーがバックプレート式だとネジでしっかりと固定されるので、CPU クーラーと CPU の密着度が高くなるようですが、CPU クーラーと CPU の間の隙間が小さくなり、熱が伝わりやすくなるので冷却に有利と考えられます。

冷却に有利なのは確かだと思いますが、他の方式、例えばプッシュピン式と比べて CPU の温度に差が生じるほど冷却性能に差が出てくるのかは疑問ではあります。

バックプレート式だと高さや重量のある CPU クーラーを確実に固定できるのは、大きなメリットだと思います。他の方式、例えばプッシュピン式だと不安に感じます。

CPU クーラーのバックプレート式は重量のある製品でも確実に固定できるのか

タイプごとに考えるCPUクーラー選び 〜CPUクーラー再入門 その1〜 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016年4月13日)
 また、重量のあるCPUクーラーをより確実に固定できるといったメリットから、バックプレート式の固定が増えてきた。
特に重量のある CPU クーラーの場合は、バックプレート式が望ましいようです。

バックプレート式ではなく、例えばプッシュピン式だと、しっかり固定できず CPU クーラーの重量に耐えられず、マザーボードの基板の歪み等につながる可能性が高くなると考えられます。

CPU クーラーのバックプレート式はマザーボードへの負担が少ないのか

CPUクーラーの固定方法はバックプレート式が主流に 〜CPUクーラー再入門 その2〜 - AKIBA PC Hotline! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016年4月14日)
バックプレート式のメリットは、バックプレートがマザーボード裏面からの押さえとなることでマザーボードへの負担が少なく、大型で重量のあるCPUクーラーでもネジによって確実に固定ができる点にある。
CPU クーラーがバックプレート式であればマザーボードへの負担が少ないので、重量のある CPU クーラーを取り付けてもマザーボードの基板の反りを抑えられ、安心度が高いと考えられます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)