FSB(Front Side Bus)とBSB(Back Side Bus)の違いとは?

最終更新日 2019年05月20日

FSB(Front Side Bus)と BSB(Back Side Bus)の違いとは何か

PCエンサイクロペディア:第9回 PCのエンジン「プロセッサ」の歴史(3) 2. RISCアーキテクチャを極めたP6マイクロアーキテクチャ - @IT には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2002年10月26日)
 こうしたエンジンを支えるため、P6マイクロアーキテクチャでは2次キャッシュ・バスを、プロセッサのシステム・バスから分離することで広い帯域を確保した。そしてプロセッサの外部には出てこない2次キャッシュ・バスをバック・サイド・バス(BSB)、チップセットに接続するシステム・バスをフロント・サイド・バス(FSB)と呼んだ。現在も使われる「FSB」という用語は、P6マイクロアーキテクチャと同時に生まれたものだ。
遅延を削って性能向上を狙うHyperTransport採用の理由 | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007年12月5日)
 CPUとチップセット間の接続(システムバス)は、「フロントサイドバス」(FSB)と呼ばれることが多い。この呼び名が一般的になったのは、Intelが1997年に発表した「Pentium II」から。Pentium IIでは、CPUと2次キャッシュが別々のダイに分かれており、コアとキャッシュ間の接続(バックサイドバス)と区別するためにチップセットへの接続をFSBと呼んでいた。
以上いろいろな記事を見てきましたが、CPU ダイとチップセットを接続するシステムバスを FSB(Front Side Bus)、CPU ダイと2次キャッシュのダイを接続する2次キャッシュバスを BSB(Back Side Bus)と呼ぶようです。

2次キャッシュのダイ
2次キャッシュバスで接続
バスの呼び方はBSB(Back Side Bus)
CPUダイ
システムバスで接続
バスの呼び方はFSB(Front Side Bus)
チップセット


キャンペーン情報
マウスコンピューター
期間限定キャンペーン icon
期間限定で大幅値引き!最大40,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(7月31日迄)
DELL
・夏のBLACK FRIDAY 第2弾
今なら即納モデルがクーポンで最大17%OFF!
(7月22日迄)
ドスパラ
・大決算セール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(8月1日迄)
パソコン工房
・夏のボーナスセール 第2弾!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(8月1日迄)