CPUの性能に大きく影響する仕様とは?

最終更新日 2021年04月20日

CPUの性能に大きく影響する仕様とは何か

各CPUメーカーが、主にCPUのクロック周波数を高くすることによってCPUの性能を向上させることを実現していた頃は、CPUの性能に大きく影響する仕様とはCPUのクロック周波数と言えました。

CPUのクロック周波数の向上に技術的な問題が見えてくると、CPUのクロック周波数以外の仕様、例えばCPUのコア数を増やすことによってCPUの性能を向上させることを実現するようになりました。

CPUの性能に大きく影響する仕様が増え、クロック周波数、コア数、スレッド数となります。(2021/04/19時点)

CPUのクロック周波数が高いほど、コア数が多いほど、スレッド数が多いほど、CPUの性能が高いです。

CPUのクロック周波数、コア数、スレッド数、これら以外の仕様もCPUの性能に影響しますが、CPUの性能への影響が小さいです。

例えば、CPUのキャッシュメモリー容量もCPUの性能に影響しますが、CPUの性能への影響が小さいです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

CPUの性能



デル株式会社