CPUのシングルスレッド性能とマルチスレッド性能の違いとは?

最終更新日 2019年10月11日

CPU のシングルスレッド性能とマルチスレッド性能の違いとは何か

CPU で行う処理は、スレッドという単位で分割します。

CPU にて1つのスレッドを処理している状態での性能を、シングルスレッド性能と呼びます。

CPU にて複数のスレッドを同時に処理している状態での性能を、マルチスレッド性能と呼びます。

CPU にはコアがありコアにて処理を行いますが、コアが1つ存在する CPU をシングルコア CPU と呼びます。

CPU にコアが複数存在する場合は、マルチコア CPU と呼びます。

1つのコアで複数のスレッドを同時に処理させる技術を、マルチスレッディング技術と呼びます。

シングルコア CPU かつマルチスレッディング技術に対応していないなら、CPU にて複数のスレッドを同時に処理することはできませんので、シングルスレッド性能のみとなります。

シングルコア CPU でもマルチスレッディング技術に対応しているなら、シングルスレッド性能とマルチスレッド性能があります。

マルチコア CPU ならマルチスレッディング技術に対応しているかどうか関係なく、シングルスレッド性能とマルチスレッド性能があります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)

CPUのスレッド



マウスコンピューター/G-Tune