x86命令は80386の命令ではなくP6アーキテクチャーの命令?

最終更新日 2019年10月11日

x86 命令は 80386 の命令ではなくP6アーキテクチャーの命令なのか

x86 命令 と x86 拡張命令を分けて見る場合、x86 命令はインテルの 80386 の命令、それ以降に追加された命令は拡張命令に当てはまると思われますが、厳密には P6 アーキテクチャーの命令のようです。

ASCII.jp:x86 CPUの進化を拡張命令のロードマップでひもとく (1/4)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2009年10月12日)
一般にx86命令というとき、それは「80386」の命令を指していると思われがちだが、これはあまり正しくない。結果から言えば、「Pentium Pro」から始まるP6アーキテクチャーの命令が、事実上の標準になっている。

 命令セットを見てみると、以下のような命令が80386の命令に追加される形でx86命令として定義されており、これを拡張命令とみなすかどうかで、話がちょっと変わってくる。

80486で追加

BSWAP・XADD・CMPXCHG・INVD・WBINVD・INVLPG

Pentiumで追加

CMPXCHG8B・CPUID・RDTSC・RDMSR・WRMSR

Pentium Proで追加

CMOVcc・FCOMI・RDPMC・UD2


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)

x86命令



マウスコンピューター/G-Tune