ファイルの破損が発生したらウイルス感染の可能性あり?

最終更新日 2019年10月21日

ファイルの破損が発生したらウイルス感染の可能性があるのか

ウイルスにまつわる8つの都市伝説と本当の対処法 | ライフハッカー[日本版] には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2010年7月7日)
ファイルは、ウイルスに関係なく壊れることもある。その原因としては、ソフトウェアのバグやハードドライブの不良セクター、欠陥メモリのほか、アンチウイルスとのコンフリクトもありうる。「ファイルが開けません」という警告が表示されたら、まずはアンチウイルスソフトでスキャンしてみること。
破損したファイルとはなんですか? - Intego Support には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019年10月16日)
ファイルは、そのファルを作成したり編集したソフトウェアのバグが原因で破損することあります。多くの場合はたまたま起きた現象であり、一度修復すれば解決します。またウイルスに限らず、他社のソフトウェアが原因でバグが引き起こされ、ファイルが破損してしまうこともあります。ユーザが破損したファイルを開こうとすると、システムがフリーズしたり、ファイルに対するエラーが表示されます。
ハードディスクの故障には2種類ある? 論理障害と物理障害について|Logitec データ復旧技術センター には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
論理障害が発生する主な原因は、プログラムの故障です。ハードディスクを長時間使用しているとプログラムファイルが破損することがあり、これによって正しくデータを読み込むことができなくなります。ウィルスに感染した場合でも、同様にプログラムが破損することがあります。
ファイルの破損が発生したらウイルス感染の可能性があるようですが、ファイル破損には他にも様々な原因があるようです。

ウイルスが原因でファイルが破損することはあまりないかもしれませんが、ファイルの破損が発生したら念のためにウイルス対策ソフトを利用してウイルススキャンを行っておくと良いです。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

ウイルス



マウスコンピューター/G-Tune