超解像とは?

最終更新日 2019年10月11日

超解像とは何か

ASCII.jp:超解像でアップスケール画質を強化した「レグザ」 (1/2) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年9月18日)
 超解像技術は、低解像度の複数の画像から1つの高解像度・高精細な画像を創り出す技術。映像のアップコンバート処理においてより高精細な映像を得られる。
ケータイ用語の基礎知識 第392回:超解像 とは には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年10月14日)
 「超解像」とは、低解像度の画像を1枚、あるいは他の複数の画像を元に推定した値を使って、高精細やクリアにする技術のことです。映像拡大精細化技術などとも言います。
みずほ情報総研 : 画像超解像技術のコンサルティング・技術開発 概要 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
画像超解像技術とは、低解像度画像から高解像度画像を生成する技術です。一般の画像編集ソフト等で拡大すると不鮮明なぼやけた画像になってしまう場合でも、画像超解像技術を用いることでより高精細な画像を得ることが可能な場合があります。
カメラで撮影した画像や動画は、どうしても解像度が有限になってしまいます。画像や動画を変換する処理により、さらに解像度が低くなっていることもあります。

超解像とは、低くなってしまった解像度を向上させて高解像度にし、高精細な画像に変換することのようです。

単に解像度を高くするだけでは、まるでドット絵が拡大しますます粗く見えてくるようになってしまいますが、超解像を利用すれば解像度が高くなっても粗さが目立ってくることを抑えられると考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)