アクティブマトリクス方式とは?

最終更新日 2019年10月11日

アクティブマトリクス方式とは何か

単純マトリックス方式では、水平方向にX電極と呼ばれる導線、垂直方向にY電極と呼ばれる導線、これらを格子上に複数設置し、X電極とY電極それぞれにタイミングを合わせて電流を流し、X電極とY電極の交点にある画素を点灯させることで画面表示を行います。

単純マトリックス方式の他に、アクティブマトリクス方式があります。

Insider's Computer Dictionary:アクティブマトリクス方式 とは? - @IT には、以下のとおり書かれています。
 そこでこの単純マトリックス方式の駆動構造に加え、画素の1つ1つに「アクティブ素子」を配置し、各画素を確実に点灯できるようにしたものがアクティブマトリックス駆動方式である。
アクティブ・マトリクス | 日経 xTECH(クロステック) には、以下のとおり書かれています。
 配線・電極をX軸方向とY軸方向の行列配置によって画面を構成し,その交点にスイッチとなる能動(アクティブ) 素子を搭載しているのがアクティブ・マトリクス型液晶パネルである。
単純マトリックス/アクティブマトリックスの構造|液晶の世界:シャープ には、以下のとおり書かれています。
単純マトリックス駆動の構造に加えて、画素の一つひとつに「アクティブ素子」を付けたもの。これによって、目的の画素を確実に点灯させたり消したりすることができる。
以上いろいろな記事を見てきましたが、アクティブマトリクス方式は単純マトリックス方式と駆動構造が似ており、各画素にアクティブ素子が設置されている点が異なるようです。

@IT の記事に両者のメリットやデメリットについて書かれていますが、アクティブマトリクス方式は単純マトリックス方式と比べると、線数とは無関係に画質やコントラストを高くすることが可能であり、応答速度を速めることもできますので動画表示に向いているそうですが、多数のアクティブ素子を設置することによりコストが高くなるという欠点があるそうです。また、画素数が多くなるとアクティブ素子も多くなり、歩留まりを向上させにくいという問題が出てくるそうです。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

液晶ディスプレイの駆動方式



マウスコンピューター/G-Tune