液晶ディスプレイのドット抜けとは?

最終更新日 2019年10月11日

液晶ディスプレイのドット抜けとは何か

[FAQ番号:011292]液晶ディスプレイに常に点灯している点や常に点灯していない点(ドット抜け)がありますが、故障でしょうか?|FAQ Search|エプソンダイレクト には、液晶ディスプレイのドット抜けについて以下のとおり書かれています。
液晶ディスプレイは、非常に多くの画素で構成されています。現在の液晶パネル製造技術では、すべての画素を完全に動作させるのは難しいため、常に点灯している点や常に点灯していない点(欠点)があります。
パソコン用液晶ディスプレイのドット抜けに関する定量的表記ガイドライン には、液晶ディスプレイのドット抜けについて以下のとおり書かれています。
一方、パソコン用の液晶ディスプレイでは、高精細な表示能力を持つが故に、そのドット部分で、全く発光しない、常に発光する、あるいは特定の色にしか発光しないという場合があります。これを一般に「ドット抜け(画素欠点)」と称しております。
ドット抜けについて : ビジネスPC | NEC には、液晶ディスプレイのドット抜けについて以下のとおり書かれています。
液晶ディスプレイは非常に高精度な技術で作られていますが、画面の一部にドット抜け(ごくわずかな黒い点や、常時点灯する赤、青、緑の点)が見えることがあります。
液晶ディスプレイの画面には多数の画素があり、それぞれの画素が点灯することで映像を表示します。

表示する映像に合わせて画素を制御して画素を光らせたり光らせなかったりしますが、画素の制御に関係なく常に光っている画素や光らない画素のことをドット抜けと呼ぶようです。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

液晶ディスプレイのドット抜け



マウスコンピューター/G-Tune