液晶ディスプレイの寿命は明るさが半分になるまでの時間?

最終更新日 2020年11月04日

液晶ディスプレイの寿命は明るさが半分になるまでの時間なのか

液晶ディスプレイの製品保証期間の違いは? | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2006/03/29)
 メーカーの言う寿命時間は、製品出荷時の最も明るい状態で使い続けて、明るさが半分になった状態までの時間ですから、液晶の明るさを下げて使っている場合はもっと長く持つ計算になります。
以上いろいろな記事を見てきましたが、メーカーが公表している液晶ディスプレイの寿命は、最大の明るさで使い続けて明るさが半分になるまでの時間のようです。

液晶ディスプレイの明るさは、バックライトによって決まると考えられます。

液晶ディスプレイに使われているバックライト以外の部品にも寿命がありますが、バックライトが最も早く寿命を迎える可能性が高いので、メーカーはバックライトの寿命を液晶ディスプレイの寿命としていると考えられます。

今後バックライトの寿命が延び、バックライト以外の部品が最も早く寿命を迎える可能性が高くなると、その部品の寿命が液晶ディスプレイの寿命になると思われます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(6月23日迄)
DELL
・お客様感謝セール
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・先取りボーナスセール
BTOパソコン、PCパーツ・周辺機器をセール価格でご提供
(6月22日迄)