液晶テレビのオーバースキャンとは?

最終更新日 2019年10月11日

液晶テレビのオーバースキャンとは何か

液晶テレビと液晶モニタの表示方式の違いについて | 株式会社 エルザ ジャパン には、以下のとおり書かれています。
グラフィックスボードのHDTV出力及びDVIをHDMIなどに変換して、
一般的な液晶テレビ表示した場合に 画面の表示が画面領域をはみ出して正常に表示されない事がよくあります。

この原因は、液晶テレビ側が従来のテレビと互換製を持たせる為に、画面の表示にオーバースキャンによる画面表示方式を使用している為です。

液晶モニタの等倍表示とは異なり、オーバースキャンによる表示の場合、画面領域の約95%〜98%
(メーカーにより異なる)の部分までしか画面内に表示されません。
液晶テレビのオーバースキャンとは、液晶テレビに入力された映像を拡大して表示する機能のようです。

オーバースキャンにより映像の一部が映らなくなってしまいますので、少なくともパソコンの映像を液晶テレビに表示する場合、オーバースキャンは不要の機能と考えられます。

液晶テレビに全く不要となる機能を搭載するはずはありませんので、オーバースキャンは何らかの役に立っていると考えられます。

テレビをディスプレイにしてWindows Vistaを楽しむ! - 日経トレンディネット には、以下のとおり書かれています。
オーバースキャンとはブラウン管テレビの時から使われている表示方法で、画面を少しだけ拡大表示して、画面端の映像の乱れを表示領域の外に追い出すためのものだ。
恐らくテレビ映像のことを指していると思われますが、映像の端には乱れがあり、それを表示しないようにするためにオーバースキャンがあるようです。

フルHDのTVを買ったら 最低限ヤルべき事 [ホームシアター] All About には、以下のとおり書かれています。
オーバースキャンとは、映像を5%〜15%程度拡大して画面に表示する機能です。 アナログ放送に比べ、デジタル放送では希ですが、送られてくる映像の上や下に、写真のような問題エリアが存在し、画面に映ると好ましくありません。 そこで、テレビ側で、少し映像を拡大し、映像以外のモノが画面に現れないようにしているのです。
デジタル放送ではテレビ映像の端に乱れがあるのは稀のようです。それでも、乱れを表示しないようにオーバースキャンによりテレビ映像を拡大して表示しているようです。

・オーバースキャンとは、映像を少し拡大表示させ、映像の端に見られる乱れを表示させないための機能


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

液晶テレビのオーバースキャン



マウスコンピューター/G-Tune