Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary EditionとRadeon RX 5700 XTの違いとは?

最終更新日 2020年10月16日

Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary EditionとRadeon RX 5700 XTの違いとは何か

【AMD Next Horizon Gaming】AMD「Radeon RX 5700 XT 50th anniversary edition」を発表 - GAME Watch には、Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Editionについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019/06/11)
ノーマルの「Radeon RX 5700 XT」よりもクロック数が総合的に高くなっており、見た目もゴージャスな造りになっている。
AMDの次世代GPU「Radeon RX 5700」シリーズはNVIDIA陣営にくさびを打ち込めたのか (1/4) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019/07/11)
もう1つの「Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Edition」は、50周年記念としてRadeon RX 5700 XTをベースにオーバークロックされたモデルになる。
ASCII.jp:AMD50周年記念の限定Radeon RX 5700 XTが発売も即完売 には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2019/08/10)
 この製品は、AMD50周年を記念して発表された限定モデル。ブースト時の最高クロックが1980MHz(リファレンスモデルは1905MHz)、ゲームクロックが1830MHz(同1755MHz)、ベースクロックが1680Mz(同1605MHz)とメーカーレベルでオーバークロックされている。これにより、リファレンスモデルが最大9.75TFLOPSに対して、記念モデルは10.14TFLOPSと10TFLOPSを超える性能を発揮するとしている。
「この製品」は、Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Editionを指しています。

「リファレンスモデル」は、Radeon RX 5700 XTを指しています。

以上いろいろな記事を見てきましたが、Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary EditionとRadeon RX 5700 XTは、クロック周波数と製品の外観に違いがあるようです。

Radeon RX 5700 XTをオーバークロックしたものが、Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Editionのようです。

Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Editionの外観

AMD Radeon RX 5700 XTグラフィックの50周年記念 | AMD には、Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Editionの外観が、以下のとおり掲載されています。(この記事の公開年月日は不明)

タイトル
Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Edition

タイトル
Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Edition

タイトル
Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Edition

Radeon RX 5700 XTの外観

AMD Radeon RX 5700 XTグラフィックス | AMD には、Radeon RX 5700 XTの外観が、以下のとおり掲載されています。(この記事の公開年月日は不明)

タイトル
Radeon RX 5700 XT

タイトル
Radeon RX 5700 XT

タイトル
Radeon RX 5700 XT

タイトル
Radeon RX 5700 XT


キャンペーン情報
マウスコンピューター
秋の感謝セール
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月29日迄)
DELL
・半期に一度の大感謝祭
即納パソコンがクーポンで最大23%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

Radeon RX 5700 XT 50th Anniversary Edition



デル株式会社