NVIDIA G-SYNCの利用要件とは?

最終更新日 2020年12月09日

NVIDIA G-SYNCの利用要件とは何か

【PR】すべて分かるNVIDIAの新世代ディスプレイ同期技術「G-SYNC」。西川善司がその可能性を明らかにする には、NVIDIA G-SYNCの利用要件について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014/12/06)
 順に説明していくと,まず,NVIDIAが発明した技術ということで,GeForceが必須だ。もちろん,GeForceならなんでもいいというわけではなく,「GeForce GTX 650 Ti BOOST」以降のGeForce GTXが必須となる。

(略)

 また,G-SYNCを利用するにはDisplayPort 1.2に対応したDisplayPort出力が必要だ。

(略)

 また,ディスプレイデバイス側でもG-SYNC対応製品が必要になる。
同記事より引用せずに省略しましたが、GeForce GTX系ではなくGeForce GT系はG-SYNCに非対応だそうです。

リフレッシュレートやパネル特性をチェック、用途別オススメ液晶ディスプレイはこれだ! - AKIBA PC Hotline! には、NVIDIA G-SYNCの利用要件について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016/10/18)
・ディスプレイ側の対応
・GeForce GTX 650 Ti以上のビデオカード
・R340.52以降のドライバ
・DisplayPort 1.2接続
以上いろいろな記事を見てきましたが、NVIDIA G-SYNCの利用要件とは、GeForce GTX 650 Ti BOOST以降のGeForce GTX、R340.52以降のドライバ、DisplayPort 1.2以降、G-SYNC対応ディスプレイのようです。

GeForce GTX 650 Ti以上と記載している記事も見られますが、GeForce GTX 650 Ti BOOSTはGeForce GTX 650 Tiより上位となるGPUであり、GeForce GTX 650 TiはG-SYNCの利用要件を満たさないと思っておくと良いです。

もしGeForce GTX 650 TiはG-SYNCの利用要件を満たすと断言できる情報があれば、G-SYNCを利用するためにGeForce GTX 650 Tiを選んでも良いです。

R340.52以降のドライバについて記載していない記事も見られますが、GeForce GTX 650 Ti BOOST以降のGeForce GTXであれば必ず利用可能なので省略していると思われます。

もしR340.52以降のドライバではなければ、アップデートすればG-SYNCの利用要件を満たせます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール
期間限定で大幅値引き!最大70,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(12月8日迄)
DELL
・BLACK FRIDAY
おすすめデスクトップPCがクーポンで最大22%OFF
(11月29日迄)
パソコン工房
・ボーナスセール
人気商品が多数値引き、最大30,000円OFF!
(12月7日迄)

NVIDIA G-SYNC



デル株式会社