なぜGeForce 6600をSLI非対応から対応に変更した?

最終更新日 2019年11月28日

GeForce 6600をSLI非対応から対応に変更した理由とは何か

「無印」GeForce 6600でもNVIDIA SLIが利用可能に - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2005年6月23日)
 そのときは「マーケティング的理由」から、ローエンドのGeForce 6600でNVIDIA SLIを利用できなくしていたが、そのGeForce 6600でもNVIDIA SLIを使えるようにした理由として、NVIDIAはそのリリース資料の中で「メインストリーム・ユーザー向けの完全なSLI対応システムを799ドルという低価格から実現するために」と、今回もマーケティング的な理由であると説明している。
きょうは「無印」GeForce 6600のNVIDIA SLIでベンチを回して梅雨空を見上げてみた (1/2) - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2005年7月7日)
 昨年まで「GeForce 6600でSLIに対応しないのは、技術的な理由ではなくマーケティング的にGeFore 6600 GTとの差別化を図るため」と説明していたNVIDIAが、今になってForceWare 77.72以降のドライバで無印GeForce 6600でもNVIDIA SLIを解禁した理由は「799ドル以下の低価格なメインストリームPCでもNVIDIA SLIを利用できるようにするため」とそのニュースリリースで述べている。
GeForce 6600は、GeForce 6600 GTよりも性能が低くて価格が安いGPUです。SLIに対応しているGeForce 6600 GTと差別化を図るために、GeForce 6600はSLIに非対応だったようです。

メインストリームとは、簡単に言えば性能や価格が中間的なレベルにあることを意味しており、メインストリームよりも高い方をエンスージアストと呼び、メインストリームよりも低い方をエントリーと呼びます。

GeForce 6600はメインストリームを選ぶユーザー向けのGPUですが、そのようなユーザーでもSLIを利用できるようにするためにGeForce 6600をSLIに対応へ変更したようです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
ブラックフライデーセール
最大75,000円OFF!!
(11月30日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコンがお買い得
最新パソコンがクーポンで最大38%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・ボーナスセール
ゲーム・クリエイト用途をはじめ、オンライン授業やテレワークに最適なパソコン・周辺機器ラインナップをご用意
(11月29日迄)

GeForce 6シリーズ



デル株式会社