ThunderboltはDisplayPortとPCI Express同時転送可能?

最終更新日 2020年09月01日

ThunderboltはDisplayPortとPCI Express同時転送可能なのか

ASCII.jp:インテル「Thunderbolt」はノートPCを変えるか (1/2) には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2011/02/25)
Thunderboltでは、PCI Express(PCIe)のデータとDisplayPortの映像信号という2つの異なるプロトコルのデータを混在させて、1本のケーブルで同時転送することが可能だ。
Thunderbolt | 日経クロステック(xTECH) には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2011/09/21)
1本のケーブルでデータとディスプレイ向け映像情報の両方を送ることができる。
同記事のさらなる解説を参考にすると、「データ」とはPCI Expressのデータ、「ディスプレイ向け映像情報」とはDisplayPortのデータを指していることがわかります。

周辺機器をつなぐ---「Thunderbolt」「USB 3.0」他 | 日経クロステック(xTECH) には、Thunderboltについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2012/11/27)
この高速伝送路を使い、DisplayPort規格に準拠した映像信号と、「PCI Express」規格に準拠した周辺機器との信号を束ねて送れる。
以上いろいろな記事を見てきましたが、ThunderboltはDisplayPortとPCI Expressそれぞれのデータを同時転送可能のようです。

Thunderboltを利用すれば、パソコンに必要な端子の数を抑えられると考えられます。

例えば、パソコンとディスプレイをThunderboltで接続し、さらにディスプレイと外付けストレージをThunderboltで接続すると、パソコンはディスプレイへの出力と外付けストレージとのデータ転送を1本のケーブルで同時にできると考えられます。

これなら、パソコンにThunderbolt端子が1つあれば十分です。

もしパソコンとディスプレイをDisplayPortで接続し、パソコンと外付けストレージをUSBで接続する場合、パソコンにDisplayPort端子とUSB端子、以上の2つが必要となります。


キャンペーン情報
富士通
・期末決算セール
クーポン利用で22〜27%OFF等の11大特典
(9月22日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(10月5日迄)