パンタグラフ方式キーボードはキートップが外れやすい?

最終更新日 2020年07月27日

パンタグラフ方式キーボードはキートップが外れやすいのか

薄型キーボードって壊れやすい? - エキサイトニュース には、パンタグラフ方式キーボードについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2009/07/18)
結論として、キーが外れやすく組み立て直すのが難しい方式であり、それがデメリットといえるでしょう
女性にも好かれる!アクリルキーボードの人気の秘密を聞く ITライフハック には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2010/01/29)
以前は、ノートPCなどのパンタグラフキーは、キートップが外れやすいという弱点もあった。その点を伺うと、
「今は、もうほとんどないですね。パンタフラフ式のノートパソコンが普及したことで、パンタグラフ式キーは非常に開発が進んでいます。問題はないですね。」と、松崎氏は現在では安心して使えることを教えてくれた。
「松崎氏」とは、Enermax Technology日本法人 株式会社クーラージャイアントの松崎徹也氏です。

以上いろいろな記事を見てきましたが、パンタグラフ方式キーボードはキートップが外れやすいというデメリットがありますが、昔の話であり今では気にする必要はないようです。

もしまだ一般的にパンタグラフ方式キーボードはキートップが外れやすいのであれば、インターネット上にユーザー等による情報提供が多く見られると思います。

パンタグラフ方式キーボードはノートパソコンや薄型キーボードに多く採用されていますが、キートップが外れやすいという情報がほとんど見られません。

一般的にパンタグラフ方式キーボードはキートップが外れやすいことはないと認識して良いです。


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

キーボードのパンタグラフ



デル株式会社