NEC、東芝、富士通のパソコンへの信頼感は強い

最終更新日 2019年05月20日

NEC、東芝、富士通のパソコンへの強い信頼感を感じる機会とは

パソコンを使っている人と話してみると、NEC のパソコン、東芝のパソコン、富士通のパソコンこれらの中から選び使い続けているとわかることがあります。

このような人達から、価格が安いパソコンだと性能が低いのが不満だが、性能が高いパソコンだと価格が高いことに不満があると聞くことがあります。

海外メーカーのデルやヒューレット・パッカードになら価格が安くて性能が高いパソコンがあることを話しても、関心をあまり持たない人が多いです。

海外メーカーに対し抵抗があるのかと思い、国内メーカーにも価格が安くて性能が高いパソコンがあるがドスパラやマウスコンピューターはどうかと紹介しても、関心を持たない人が多いです。

特に関心を持たない人達は次も NEC、東芝、富士通どれかのパソコンを選んで買うつもりのようで、その理由は端的に言うと信頼できるからだそうです。

海外メーカーはもちろんですが、国内メーカーでも聞いたことがないようなメーカーのパソコンは不安に感じ信頼できるとは言えないので買いたくはないようです。

海外メーカーや知名度に劣る国内メーカーに対する心理的抵抗感が強い人が結構いますが、私も今でも同じように心理的抵抗感が強いままだったのかもしれません。

私が初めて選んだパソコンは知名度が高い国内メーカーのパソコンでしたが、選んだ理由の一つは信頼できるからでした。海外メーカーや知名度が低い国内メーカーのパソコンに対しては見向きもしませんでした。

今では私は海外メーカーや知名度が低い国内メーカーのパソコンも信頼できると思っています。

話は変わりますが、我が家に設置している比較的高額な家電製品に限ると最近ハイアールの洗濯機へ買い替え、他にLGエレクトロニクスの液晶テレビへ買い替えましたが、安心感があり信頼できるのかと聞かれたら答えは否です。

どちらの海外メーカーも知名度が高い国内メーカーと同じくらい信頼性が高いのだろうと推測していますが、まだ確信がありません。他の家電製品に関してもできるだけ海外メーカーや知名度が低いメーカーを選んで使ってみていますが、同様に自分の中で信頼性が高いレベルに達していません。

このように何となく不安感が残り信頼できるとは言い切れない状態で使うよりは、信頼できる国内メーカーのパソコンを使う方が安心感があり精神衛生上好ましいのではないかと思います。

そのようなこともあり、信頼できるという理由で NEC、東芝、富士通どれかのパソコンを選ぶ人達に、海外メーカーや知名度が低い国内メーカーのパソコンを無理にはおすすめしません。

しかし、できれば試しに海外メーカーや知名度が低い国内メーカーのパソコンを選んで使ってみて欲しいとは思います。もちろん NEC、東芝、富士通のパソコンを全否定するつもりはありません。

今はサブ機としてですが NEC、東芝、富士通のパソコンの内どれかを使っており、今後も買い替える際は NEC、東芝、富士通のパソコンの中から選ぶことがあると思います。NEC、東芝、富士通のパソコンには、信頼できるだけではなく他にも選ぶ価値があります。

・NEC、東芝、富士通のパソコンを使っている人達から、これらのパソコンは信頼できるが海外メーカーや知名度に劣る国内メーカーのパソコンは信頼できないと聞くと、NEC、東芝、富士通のパソコンへの強い信頼感を感じる


キャンペーン情報
富士通
・19周年記念セール
クーポン利用で17〜23%OFF等の10大特典
(5月29日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(7月10日迄)