不要なプリインストールソフトが多いデメリットを気にしない

最終更新日 2019年10月11日

不要なプリインストールソフトが多いデメリットを気にしない

NEC、東芝、富士通等、国内大手パソコンメーカーのパソコンについて、プリインストールソフトが多いデメリットがあると書いた記事を当ウェブサイトに掲載した記憶があります。

ここで言うプリインストールソフトとは、パソコンメーカーが追加してインストールしたソフトのことです。OSに標準付属するソフトのことではありません。

このデメリットを国内大手パソコンメーカーのパソコンを選ばない方が理由としてあげたかもしれず、あげていなかったとしても国内大手パソコンメーカーのパソコンに対して良い印象を持たなくなった要因になったかもしれませんが、このデメリットについて気にする必要はありません。

たいていのプリインストールソフトは多くの人にとって不要でしょうが、不要ならアンイストールすれば良いです。アンイストール作業は面倒ですが、インターネットで動画でも見ながらやれば良いと思います。

アンイストール方法がわからない場合は、その方法を学べば良いです。その手の情報がインターネットにはたくさんあります。ソフトをアンイストールする方法は知っておく方が良いので、実践的な勉強になります。

プリインストールソフトによってパソコンの動作が重くなっている、プリインストールによって画面に広告が表示されて見づらい、プリインストールソフトによって他のソフトウェアが正常に動作しない等、プリインストールが原因となっているトラブルが特にないならアンイストールせずに放置しておいても良いと思います。


キャンペーン情報
富士通
・スーパーサマーセール
17〜25%OFF等の11大特典
(8月10日迄)
シークレットクーポン
特別割引のクーポン
(9月21日迄)

パソコンメーカーとソフト



デル株式会社