メインメモリーの寿命

最終更新日 2022年01月27日

メインメモリーの寿命とは

寿命の目安

メインメモリーの寿命は目安がないほど長いです。メインメモリーの使用年数は長くても10年程度と思われますが、使用中に寿命を迎えて故障する可能性が低いです。

永久保証

メインメモリーは他のPCパーツと比べて永久保証の製品が多いですが、寿命の目安がないほど寿命が長いためです。もし多くのユーザーにて寿命を迎える場合が多いと、永久保証にするとコストがかかりすぎて無理があります。メインメモリーに永久保証の製品が多いので、一般的には寿命を迎えないほど寿命が長いとわかります。

初期不良

メインメモリーの寿命が非常に長いので、メインメモリーの故障は初期不良が原因の場合が多いです。10年間に故障したメインメモリーを集めて平均的に見ると、使用開始後数ヶ月以内に初期不良による故障が約7割、数カ月後から10年の間における故障が約3割です。

24時間365日連続稼働で数ヶ月経過し故障がなければ初期不良なしと判断してよいです。その後でも故障する場合がありますが、その可能性が低いです。

動作検証

メインメモリーは初期不良が多いので、購入後にメインメモリーを使用し続け、初期不良が起きないか動作確認するとよいです。特に保証期間が短い場合、早めに動作確認するとよいです。

メインメモリーに負荷をかけると突然シャットダウン等しても初期不良とは限らず相性問題の可能性もあります。昔と比べると相性問題が起こりにくいですが、起きないとは限りません。

メインメモリーに負荷をかけるには診断ソフトウェアのMemtest86を利用するとよいです。簡単に不具合の有無を検証できます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(8月17日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・大ボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古商品も充実
(8月9日迄)

メインメモリーの耐久性



デル株式会社