メインメモリーの電圧

最終更新日 2022年06月06日

メインメモリーの電圧とは

基礎

メインメモリーの電圧とは、メインメモリーが動作するために必要な電圧です。

規格

メモリー規格の動作電圧

メインメモリーの動作電圧がメモリー規格によって異なります。以下は各メモリー規格の動作電圧です。

メモリー規格 動作電圧
SDR SDRAM 3.3V
DDR SDRAM 2.5V
DDR2 SDRAM 1.8V
DDR3 SDRAM 1.5V
DDR4 SDRAM 1.2V

消費電力

メインメモリーの動作電圧が低くなるとメインメモリーの消費電力が減るので、メモリー規格が新しいほど省エネです。消費電力が減れば発熱量も減ります。メモリー規格が新しいほど性能が高く、性能向上だけでなく消費電力の減少もあるので、メモリー規格が新しいほど電力効率が高いです。

しかし、新しいメモリー規格ほどメモリーバスクロックが高くなり、メインメモリーのメモリーバスクロックが高くなるとCPUやマザーボードの消費電力が高くなり、メインメモリーの消費電力が減ってもパソコン全体の消費電力が高くなります。パソコン全体の消費電力で見れば、メモリー規格が新しくなってもあまり変わりません。

低電圧版の動作電圧

低電圧版の動作電圧もあります。今のところDDR3 SDRAMに低電圧版があります(2017/12/01時点)。DDR3の後ろにLが付くDDR3L SDRAM、DDR3の後ろにUが付くDDR3U SDRAMがあります。

メモリー規格 動作電圧
DDR3 SDRAM 1.5V
DDR3L SDRAM 1.35V
DDR3U SDRAM 1.25V

LPDDR SDRAM、LPDDR2 SDRAM、LPDDR3 SDRAM、LPDDR4 SDRAMというメモリー規格があります。DDR SDRAM、DDR2 SDRAM、DDR3 SDRAM、DDR4 SDRAMそれぞれの低電圧版と言えますが、動作電圧以外にも様々な違いがあり別物のメモリー規格です。

電圧の設定

電圧を下げると消費電力が減る

パソコンによってはメインメモリーの電圧を設定可能です。規格の電圧より下げても動作する場合があります。どこまで下げても動作するかは個体差によって決まります。電圧を下げると消費電力が減ります。ただし、あまり減りません。

パソコンの詳細な仕様を省きますが、搭載するメインメモリーを1枚とし、電力計(ワットチェッカー)を使用しパソコンの消費電力を測定したところ、あまり変わりませんでした。

DDR3 SDRAMを使用し1.5Vから1.35Vに下げたところ、消費電力がアイドル時で約0.5W減り、高負荷時で約0.8W減る程度でした。

DDR4 SDRAMを使用し1.2Vから1.1Vに下げたところ、消費電力がアイドル時で約0.5W減り、高負荷時で約1W減る程度でした。

パソコンの仕様が異なると測定結果も異なるでしょうが、あらゆる仕様で消費電力があまり減らないと思われます。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(8月17日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・大ボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古商品も充実
(8月9日迄)

メインメモリーの電圧



デル株式会社