QPIはシリアルバスではない?

最終更新日 2019年10月11日

QPI はエンベデッド・クロック方式ではないのでシリアルバスではないのか

Intelの次期CPUインターコネクト「QPI」 後藤弘茂のWeekly海外ニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年3月31日)
 QPIは“シリアルバス”と言われてきたが、厳密にはそうではない。シリアルバスかどうかのチェックポイントが、「エンベデッドクロック(Embedded Clock)方式」か否かにあるとすれば、QPIはシリアルバスには入らない。QPIは、エンベデッドクロックではないからだ。
エンベデッド・クロック方式とは、データ信号にクロック信号を埋め込み伝送することです。データ信号とクロック信号を分けて伝送する方式を、ソース・シンクロナス方式と呼びます。

シリアルバスの厳密な定義はわかりませんが、厳密にはエンベデッド・クロック方式を採用していないとシリアルバスではないようです。

コンピューター関連の用語に限らず用語の定義は緩かったり厳密な定義に沿って使われることはそうそうなかったりますので、QPI は厳密にはシリアルバスではないとしても、厳密な定義を気にせずに QPI はシリアルバスとして良いと思います。

一般的には QPI はシリアルバスと言われることが多いので、QPI はシリアルバスと言っても特に問題はないと思います。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
冬のボーナスセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(11月20日迄)
DELL
・PRE-BLACK FRIDAYセール
Office付き秋の感謝モデルほか、デスクトップ製品がクーポンで最大18%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・最大20%還元 冬のボーナスセール
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(11月28日迄)
パソコン工房
・Windows 10乗り換え応援セール×総額3億円分早い者勝ち!
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(11月26日迄)

マザーボードのQPI



マウスコンピューター/G-Tune