チップセットX570とB550の違いとは?

最終更新日 2023年09月07日

チップセットX570とB550の違いとは何か

同じ「4コア8スレッド」でも中身が違う? AMDが説明する「第3世代Ryzen 3」の秘密 - ITmedia PC USER には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2020/05/07)
 第3世代Ryzenプロセッサでは、ダウンリンク接続用にPCI Express 4.0ポートを4レーン確保している。X570ではこのダウンリンク接続をPCI Express 4.0規格で行うのに対して、B550ではPCI Express 3.0規格で行う。ダウンリンクのスペックを抑えることで、価格を抑えた格好だ。
「ダウンリンク接続」とは、CPUとチップセットの接続のことです。

AMD,エントリー向けCPU「Ryzen 3 3000」シリーズと「B550」チップセットの概要を公開 には、B550について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2020/05/07)
注意が必要なのは,PCIe Gen 4に対応するのは,CPUに直接つながったPCIeインタフェースのみという点だ。チップセット以下のPCIeインタフェースは,PCIe Gen 3のままである。この点が,すべてのPCIeインタフェースがGen 4対応の上位モデル「AMD X570」チップセットとの大きな違いだ。
ASCII.jp:最新チップセットB550はX570/B450とどう違う? ASRockの人気マザーボード「Steel Legend」シリーズで違いを検証 (1/4) には、以下のとおり書かれています。(この記事の更新年月日は2020/07/03)
 X570チップセットでは、チップセットから出るPCI ExpressレーンもGen4だったが、配線の取り回しが難しくコスト高を招いた。B450は安価だが、チップセットから出るPCI ExpressレーンはGen2だったため、速度の欲しいSSDを追加するには力不足だった。

 これに対しB550は、チップセットから出るレーンはPCI Express Gen3に引き上げられ、拡張カードやオンボードデバイスの性能が引き出しやすく改善された。
以上いろいろな記事を見てきましたが、AMD 500シリーズ・チップセットX570とB550は、CPUとチップセットを接続するインターフェースの規格に違いがあるようです。

その規格は、X570ではPCI Express 4.0(Gen4)、B550ではPCI Express 3.0(Gen3)のようです。

チップセット以下のPCI Express対応インターフェースの規格でも、X570ではPCI Express 4.0(Gen4)、B550ではPCI Express 3.0(Gen3)のようです。

X570はCPUとチップセット間のインターフェース、チップセット以下のインターフェースにPCI Express 3.0(Gen3)よりも高速なPCI Express 4.0(Gen4)を採用していますので、B550よりもコストが高いようです。


キャンペーン情報(PR)
マウスコンピューター
・春のパソコンセール
最大70,000円OFF!!
(4月24日迄)
DELL
・今週のおすすめ製品
対象製品が最大20%OFF
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・WEB開催!スプリングセール
ゲーミング・クリエイター向けパソコンなどをご用意
(4月23日迄)

AMD 500シリーズ・チップセット



デル株式会社