ノートパソコンのベゼル部分を持ってはいけない?

最終更新日 2019年10月11日

ノートパソコンのベゼル部分を持ってはいけないのか

ノートPCには“正しい持ち方”がある? (1/2) - ITmedia NEWS には、ノートパソコンのベゼル部分をつまむように持ち運ぶことについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2017年8月3日)
記者B ディスプレイのベゼルには、ディスプレイと本体をつなぐコネクターが入っている場合が多い。そこに強い力が加わると断線して壊れる可能性がある。ディスプレイとキーボード部分をつなぐヒンジにも負担がかかってしまうよ。
「記者B」は、ITmediaの記者です。ノートパソコンのベゼル部分を持つのは、良くないようです。

同記事で紹介していますが、 JEITA パソコンサポートとつきあう方法 でも、同じようなことが書かれています。(この記事の公開年月は2012年3月)
LCDは、薄いガラス板を張り合わせた構造で、表面に透明フィルム、または透明樹脂製カバーで保護されているため、大きな衝撃や歪によってLCD部分が破損する恐れがあります。
LCDのお手入れ時やノートパソコンの持ち運びなどの際は、十分にご注意ください。

・持ち運ぶ際は、LCDやLCD周りのキャビネット部を持たないでください。

ノートパソコンの持ち方
ノートパソコンの持ち方

ノートパソコンの持ち方の例が3つ掲載されていますが、真ん中にある持ち方を見るとわかるとおりノートパソコンのベゼル部分を持つのは良くないようです。右にある持ち方をする人は結構いそうな気がしますが、この持ち方も良くないようです。

先に紹介したITmedia NEWSの記事には、日本ヒューレット・パッカードの白木智幸氏の意見が掲載されており、ノートパソコンのベゼル部分を持つことについて述べている箇所を見てみます。
白木さん 一部の法人向け軽量ノートブック製品は、ある程度の耐久性を担保しているので、ベゼルを持っても大丈夫です。ただし、会議で相手にPCをくるっと向けて画面を見せるという利用を想定しているので、ベゼルをつかんで持ち歩くようなことは推奨していません。

記者A 法人向け以外はだめですか?

白木さん コンシューマー製品や、重量のある15インチノートなどはお勧めできません。画面割れや液晶素子がダメージを受ける原因になります。

(略)

記者A ベゼル部分を持ってはいけない理由として、コネクターなどが入っているからという話は本当でしょうか。

白木さん ベゼル部分には、ディスプレイの電源や信号ケーブル、上部にマイク、カメラ、これらの接続ケーブル、Wi-Fiのアンテナ、LTEのアンテナ(WWANがサポートされている機種の場合)、およびこれらの信号ケーブルが入っています。

 ディスプレイの画面が限界まで曲げられたり、限界まで一点で圧力を受けたりすると、液晶が損傷してしまいます。
「記者A」は、ITmediaの記者です。

法人向けパソコンは個人向けパソコンよりも耐久性に優れているとするパソコンメーカーがありますが、ヒューレット・パッカードは当てはまるようであり、一部の法人向けノートパソコンはベゼル部分を持っても大丈夫のようです。

ノートパソコンのベゼル部分をつまむように持ち運ぶことを想定して耐久性を高めているわけではないようですので、持ち運ぶためにベゼル部分を持つのはやめておく方が良いと考えられます。

他のパソコンメーカーについては不明ですが、大丈夫なのかどうか明らかではなければ、どのノートパソコンでもベゼル部分を持つのはやめておく方が良いと思います。

ノートパソコンを開いたり閉じたり、液晶ディスプレイの角度を調節するためにベゼル部分を持つことは特に問題はないと思います。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

ノートパソコンのベゼル



マウスコンピューター/G-Tune