光学ドライブはランダムアクセス速度が遅い?

最終更新日 2020年02月26日

光学ドライブはランダムアクセス速度が遅いのか

本田雅一の「週刊モバイル通信」 第402回 PCとBlu-ray Disc には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年1月17日)
光ディスクは原理的に目的データへのシーク速度が遅く、シーケンシャルに大きなデータを読み続ける用途(ビデオ再生がもっとも適している)や、プレス加工で同じ内容のディスクを大量生産可能な利点を生かした用途に向いている。
「Write Great Code〈Vol.1〉 ハードウェアを知り、ソフトウェアを書く(著者:Randall Hyde、出版社:マイナビ出版、出版年:2014年)」 には、以下のとおり書かれています。
また、光ディスクはシーク時間が非常に遅いため、ランダムアクセスも避ける必要があります。
光学ドライブは、ランダムアクセス速度が遅いようです。

光学ドライブは、光ディスクに対しアクセスしますが、ランダムアクセスする際は光ディスク上のあちこちにシークすることになりますので、シーク速度が遅い(シーク時間が遅い)とランダムアクセス速度が遅くなります。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏トクセール icon
期間限定で大幅値引き!最大60,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(8月12日迄)
DELL
・8/11(火)まで
おすすめの最新パソコン、ゲーミングPCがクーポンで20%OFF
(8月11日迄)
ドスパラ
・サマーセール 2020
この夏一押しのゲーミングPCがお得に買えるキャンペーン実施中
(9月3日迄)
パソコン工房
・30周年誕生祭 超感謝SALE
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器等がお得な価格
(9月1日迄)

光学ドライブの速度



マウスコンピューター/G-Tune