OSはメモリ容量十分でも仮想メモリを使う?

最終更新日 2019年10月11日

OSはメモリ容量十分でも仮想メモリを使うのか

仮想メモリをできるだけ使わないようにしたい - ITmedia エンタープライズ には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2001年9月14日)
 Windows98/Meでは,ハードディスク内にスワップファイル(仮想メモリ)を作成することで,大きなメモリを必要とする作業も実行可能にしている。しかし,まだ物理メモリに余裕がある時でも,仮想メモリを使ってしまうのだ。
thilmera7 ヘルプ - 仮想メモリとページファイル には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
 また、64bit OSで、主に8G以上の物理メモリを積んでいる場合、ページファイルがなかなか使用量0から変わらないことがありますが、これは正常です。
 WindowsはXP以降になると、できるかぎりスワップアウト(HDD押し出し)を行わない構造になっているため、スワップファイル使用を前提としたアプリを利用するか、数日使ったり、大量にアプリを起動するなどすると動くと思います。
 ただ、やはりスワップファイルを全く使わないという事ではないので、32GBのメモリを積んだ機体でのテストでも50日間の運用で3Gほどのページファイルが使用されています。物理メモリに余裕があってもです。
パソコンに余裕があるほどメインメモリー容量が十分あれば、メインメモリーに保持しているデータがストレージに移動するスワップアウトは発生しなさそうですが、発生することがあるようです。

スワップアウトが発生するならメインメモリー容量が不足しているような気がしますが、メインメモリー容量不足とは限らないようです。

メインメモリー容量が十分あるのに、起動してから長い間操作することがなかったソフトウェアを操作すると動作が重いなら、スワップアウトが発生していたと考えられます。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)