VistaのDPIスケールは文字以外にアイコン等も拡大可能?

最終更新日 2019年10月11日

Windows VistaのDPIスケールでは文字以外にアイコン等も拡大可能になったのか

ASCII.jp:フォントを大きくしてもきれいに表示できる“DPIスケール”|ここが変わったWindows Vista 100連発! には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2007年3月7日)
Windows Vistaでは、フォントやアイコンを大きく表示する“DPI スケール”が使えるようになった。Windows XPでもフォントのサイズを変更することはできたが、DPI スケールではアイコンやボタン類も合わせて大きくなるので、見やすさは格段に向上する。
Windows XPではフォントサイズは大きくできてもアイコンやツールバーのボタン等のサイズは大きくできませんでしたが、Windows XPの後継であるWindows Vistaではフォント以外のサイズも大きくできるようになったようです。

DPIの値を変えてフォントやアイコンを大きくする | 日経 xTECH(クロステック) には、Windows VistaのDPIスケールについて、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2008年9月29日)
 パソコンのディスプレイが小さかったり、あるいは表示解像度が非常に高いと、アイコンや文字が小さくて見づらい場合がある。こうした場合にアイコンのサイズを変えたり、フォントサイズを変える方法の一つに、DPIの値を変更する方法がある。

(略)

 DPI値を変更すると、アイコンや文字のサイズのみを変更する場合とは異なり、アイコンや文字、スタートボタンやタスクバーなどWindowsを構成する各部分がどれも大きく表示されるようになる。
同記事からもWindows Vistaから文字(フォント)と共にアイコンやボタン等のサイズも大きくできるようになったことがわかります。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)