PCパーツの梱包箱を捨てずに保管しておくと良い?

最終更新日 2020年04月07日

PCパーツの梱包箱を捨てずに保管しておくと良いのか

第3部 見れば納得!! PC自作実践講座 1/6 | この春始めるPC自作 | DOS/V POWER REPORT には、以下のとおり書かれています。(この記事は2009年5月号の記事)
 ちなみに、PCを組み立てると、パーツの箱や梱包材などが大量に残ることになるが、初期不良交換などの際に必要になるので、できればパーツの保証期間内はすべて保管しておきたい。
PCパーツを販売しているショップを幾つか確認してみましたが、初期不良があり返品を行うには梱包箱を必要とする、相性保証に入っており相性保証を利用して返品や交換を行うには梱包箱を必要とする等、梱包箱が必要になる場合があるとわかりました。

梱包箱がなくても大丈夫なショップがあるかもしれませんが、仮に存在するとしても梱包箱がある方が、別途で梱包箱を用意する必要がなくなるので便利です。

保証期間が切れた後でも、PCパーツを買い取るショップに査定を出したり、ネットオークションに出品する可能性がある場合は、梱包箱を捨てずに保管しておくと良いです。

査定時に梱包箱が買い取り価格に影響することもあれば影響しないこともありますが、影響する可能性があります。ネットオークションでは梱包箱の有無を気にしない人もいるでしょうが、気にする人もいる可能性があります。

発送の際に別途で梱包箱を用意する必要がないというメリットもあります。


キャンペーン情報
ツクモ
・スタッフ特選!PICKUPセール
PC本体、PCパーツ、周辺機器等をセール価格でご提供
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・半期決算セール
半年に一度のお得なチャンス最大30,000円OFF!
(9月30日迄)

PCパーツの梱包箱



デル株式会社