無線LANルーターのAny接続拒否とは?SSIDステルス化との違い

最終更新日 2019年10月11日

Any 接続拒否とは何か

無線 LAN ルーターの中には、Any 接続拒否に設定できる製品があります。例えば、バッファローの無線 LAN ルーターの某製品では、以下のように Any 接続の項目にて許可するのチェックを外せば、Any 接続拒否に設定できます。ただし、AOSS 機能があり有効だと Any 接続拒否に設定できませんので、AOSS 機能を無効にする必要があります。

Any 接続拒否に設定
Any 接続拒否に設定

無線 LAN ルーターに接続するパソコン等にて、SSID を Any、または空欄にして自動的に最も電波状態が良い無線 LAN ルーターを探して接続する設定にできます。このような設定にして無線 LAN ルーターに接続することを Any 接続と呼びます。Any 接続なら、無線 LAN ルーターの SSID を知らなくても接続できます。

Any 接続拒否に設定すると、Any 接続に設定したパソコン等からの接続を拒否します。また、無線 LAN ルーターは SSID を通知しなくなります。無線 LAN ルーターに接続するパソコン等では、無線 LAN ルーターの SSID が見えなくなります。

Any 接続拒否に設定することで、Any 接続に設定している人や SSID を知らない人のパソコン等からの無線 LAN ルーターへの接続を防ぐことができます。Any 接続拒否は、SSID のステルス化と呼ばれることもあります。

・Any 接続に設定したパソコン等からの接続を防ぐ
・SSID を知らない人のパソコン等からの接続を防ぐ

Any 接続拒否と SSID のステルス化は同じもの?それとも別ものなのか?

Any 接続拒否とは、Any 接続を拒否することです。Any 接続に設定したパソコン等は、Any 接続拒否に設定した無線 LAN ルーターに接続できなくなります。接続したいなら、無線 LAN ルーターの SSID を入力する等、手動設定が必要です。

SSID のステルス化とは、無線 LAN ルーターが SSID を通知しなくなることです。SSID を知らないと、無線 LAN ルーターに接続できません。

Any 接続拒否と SSID のステルス化は別ものです。Any 接続拒否にしても、SSID のステルス化は行われず SSID を通知します。

冒頭で紹介したバッファローの無線 LAN ルーターの某製品では、Any 接続拒否に設定すると SSD を通知しなくなりますが、Any 接続拒否と SSID のステルス化は別物であることを考慮するなら、Any 接続拒否に設定することで SSID のステルス化も行われるとなります。

推測ですが、Any 接続拒否に設定すると SSID のステルス化も行われる無線 LAN ルーターが多いのかもしれません。そのため、Any 接続拒否は、SSID のステルス化と呼ばれることが多いのかもしれません。

・Any 接続拒否と SSID のステルス化は別もの


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)