パソコンとサーバーの違いとは?

最終更新日 2019年10月11日

パソコンとサーバーの違いとは何か

サーバーと聞くとパソコンとは違う特殊なコンピューターというイメージがありますが、 サーバーはパソコンと何が違う? | 日経 xTECH(クロステック) によると、サーバーとはネットワークの中でのコンピューターの役割を表す用語であり、サーバーの役割とは以下のとおりです。
サーバーとは,クライアントからの要求を待ち受け,要求があったら適切な応答を返す役割を持ったコンピュータのことです。この役割を持つものは,ソフトウエアとして具現化されているのが一般的です。つまり,サーバー・ソフトがインストールされたコンピュータがサーバーなのです。自作のパソコンだろうと,古い型落ちのパソコンだろうと,こうした役割を果たしていればサーバーといえます。
「サーバー」はパソコンとどう違う? | 日経 xTECH(クロステック) には、サーバーについて以下のとおり書かれています。
サーバーとは、インターネットやLANなどのネットワーク上で、ほかのパソコンにさまざまな機能やサービスを提供するコンピューターです。サーバー向けの専用OSやアプリケーションを搭載し、各パソコンの要求に応じてデータを送信したり、処理したりします。サーバーに対し、サーバーからサービスを受けるパソコンのことは「クライアント」と呼びます。
例えば、パソコンから当ウェブサイトを閲覧する場合、クライアントであるパソコンからサーバーに対しウェブサイトのデータを要求し、サーバーはウェブサイトのデータをパソコンに送信します。

このようにサーバーとの関係で見るなら、パソコンはサーバーに対して要求するクライアントとして使うコンピューターと言えます。もちろんサーバーとやり取りせずクライアントとしてではなくてもパソコンを使えます。

・サーバーとは、ネットワークにてクライアントに対し、様々な機能やサービスを提供する役割を持つコンピューター
・パソコンとは、サーバーに対して要求するクライアントとして使うコンピューター


キャンペーン情報
富士通
・スプリングセール
クーポン利用で18〜24%OFF等の11大特典
(4月21日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(5月12日迄)

サーバー基礎知識



デル株式会社