留守電の呼出時間が適当と思う時間はどれくらい?

最終更新日 2019年10月11日

留守電の呼出時間が適当と思う時間はどれくらいなのか

私の経験上では、携帯電話(スマートフォン)の留守電呼出時間の長さは、デフォルト設定で15秒か20秒だったと思います。デフォルト設定が10秒や30秒になっている場合もあるかもしれません。

多くの人は15〜20秒が適当と思うだろうと判断してデフォルトに設定したと思われますが、一般的に適当と思う時間に当てはまるのかどうかは実際に多くの人に聞いてみないとわからないことです。

留守電の呼出時間が15〜20秒だと短いと思っている人は結構多く、一般的に適当と思う時間に当てはまらない可能性があると思います。

留守電の呼出時間はどれくらいが適当なのか、このような質問をして多くの人から回答を集めたアンケート調査結果でもあれば参考になりますが、 マイボイスコム定期アンケート(携帯電話の留守電機能) にありました。

アンケート調査方法の概要は、以下のとおり書かれています。
【調査対象】 インターネットコミュニティ「MyVoice」の登録メンバー
【調査方法】 ウェブ形式のアンケート調査
【調査時期】 2007年7月1日〜7月5日     【回答者数】13,191名
「携帯電話本体機能の留守電機能で、適当と思う応答時間」という質問に対する回答結果について、以下のとおり書かれています。

15秒 38.2%
30秒 42.5%
60秒 11.7%
120秒 2.6%
その他 2.9%
無回答 2.1%

留守電の呼出時間で、適当と思うものを選ぶ形式だったようです。

留守電の呼出時間が適当と思う時間は15秒と30秒が多く、このアンケート調査結果によると30秒が少し多いですが、別の集団に対して同じアンケート調査を行えば、結果が逆転する可能性があるくらい差は小さいです。

適当と思う応答時間を自由に回答できる、例えば20秒と回答できるようなアンケート調査方法だったら、結果が変わってくるかもしれません。

例えば、留守電の呼出時間は20秒が適当と思うが、選択項目にないので15秒や30秒を選んだ人が多い可能性があると考えられます。


スマートフォンと留守電




マウスコンピューター/G-Tune