auの共通ACアダプタ03は01,02と何が違う?

最終更新日 2019年10月11日

auの共通 AC アダプタ 03 は共通 AC アダプタ 01、共通 AC アダプタ 02 と比べて何が違うのか

au純正のmicroUSB充電器「共通ACアダプタ03」 - ケータイ Watch Watch には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2011年7月29日)
 また、共通ACアダプタ01/02との大きな違いは定格出力だ。電圧はDC5V出力で同じだが、電流が600mAから1.0A(1000mA)へと強化されている。これにより、充電時間が短縮される効果もある。
同記事のさらなる解説によると、共通 AC アダプタ 01、共通 AC アダプタ 02 は独自の18芯端子ですが、共通 AC アダプタ 03 は microUSB 端子だそうです。

共通 AC アダプタ 01、共通 AC アダプタ 02 でも、microUSB 端子へ変換するアダプタを使えば、microUSB 端子へ接続できるそうです。

Technology Point | 研究開発 (R&D) | KDDI株式会社 には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は不明)
スマートフォンが発売された当初は、「共通ACアダプタ02」 (以下「02」) の18芯端子をmicroUSBに形状変換するアダプタを同梱していたのですが、シンプルで使い勝手のよいスマートフォン用の共通ACアダプタが必要と考えました。そこで開発したのが、スマートフォンに対応した「共通ACアダプタ03」です。

(略)

スマートフォンは従来のフィーチャーフォンに比べて、約1.5倍大容量の電池を使用するため、アダプタの電流出力 (出力アンペア) を大きくしないと、充電に長時間を要することになります。600ミリアンペア出力の「02」に対して、「03」は1アンペアなので、従来の約1.5〜2倍程度の高速充電が可能です。

(略)

充電時の電気のロスを少なくするため、「02」より充電効率を約10%向上させ71%以上としました。さらに待機電力 (充電していないときの消費電力) も全ての対応電圧で削減し、30mW以下としています。申請はしていないのですが、エナジースター (アメリカ環境保護局が推進する電気機器の省電力化プログラム) の基準も満たしています。
共通 AC アダプタ 01 も18芯端子ですが、共通 AC アダプタ 03 ではスマートフォンに多い microUSB 端子になったようです。

スマートフォンのバッテリー容量が大きいので、バッテリーへの充電時間を短くするために、共通 AC アダプタ 03 は出力電流が大きくなったようです。

共通 AC アダプタ 03 は、省電力化が実現しているという違いもあるようです。

ちなみに、 携帯電話の充電器の共通ACアダプタ01と02の違いとは? に掲載しましたが、共通 AC アダプタ 01 の入力電圧は 100V であり国内のみで使える、共通 AC アダプタ 02 の入力電圧は 100V から 240V で海外でも使えるという違いがあります。

共通 AC アダプタ 03 の入力電圧も 100V から 240V であり、海外でも使えます。