iPhoneは80%まで充電したらトリクル充電になる?

最終更新日 2021年02月03日

iPhoneは80%まで充電したらトリクル充電になるのか

iPhone 6sに急速充電対応ACアダプタ/バッテリーを使える? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース には、iPhoneの充電について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016/08/01)
なお、充電時間に差が出るのは容量80%あたりまでです。それ以上の容量を充電しようとすると電流が弱まるため(トリクル充電)、大きな時間差は感じられなくなります。
寝る前にiPhoneを充電してはいけないってホント? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース には、iPhoneの充電について、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018/07/01)
バッテリー残量が80%以下のときは急速充電が行われますが、それを超えるとゆっくり充電することでバッテリーへの負担を少なくする「トリクル充電」にモードが切り替わるのです。
以上いろいろな記事を見てきましたが、iPhoneは80%まで充電したらトリクル充電になるようです。

iPhoneはリチウムイオンバッテリーを搭載していますが、バッテリーの劣化を抑える目的でトリクル充電を行うと思われます。

リチウムイオンバッテリーは満充電(100%)に近くなるほど劣化が早まりますが、満充電(100%)に近づくのを遅らせて劣化を抑えると思われます。


iPhoneとトリクル充電



デル株式会社