iPhoneはバッテリー膨張でホームボタンやタッチパネルが無反応?

最終更新日 2021年02月21日

iPhoneはバッテリー膨張でホームボタンやタッチパネルが無反応なのか

バッテリーの寿命を見わける方法は? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2016/08/16)
バッテリーの物理的な変化で寿命を知ることもあります。リチウムイオン電池は、消耗に伴いバッテリーパックが膨張することがあり、iPhoneでそれが発生すると液晶画面やボディが押されるため、側面から見ると歪みを確認できることがあります、ホームボタンやタッチパネルの反応低下という症状に現れることもあるので、明らかにおかしいと感じる場合にはバッテリーの寿命を疑いましょう。
iPhoneはバッテリーが膨張するとホームボタンやタッチパネルが無反応になることがあるようです。

iPhoneではないスマートフォン、例えばAndroidスマートフォンでもバッテリーが膨張すると同じようなトラブルが発生することがあると思われます。

以下は補足です。

リチウムイオンバッテリーが膨張する原因には消耗がありますが、バッテリーや充電器の不具合、バッテリーへの衝撃、以上の原因もあります。

バッテリーの消耗による膨張であれば安全上の問題はありませんが、それ以外の原因による膨張だと発火や爆発の恐れがあります。

バッテリーが膨張した場合、何が原因で膨張したのか特定することは難しいので、バッテリーが膨張したら使用を止めるのが無難です。



スマホのバッテリーの膨張



デル株式会社