スマートフォンをカイロで温めるのは良くない?

最終更新日 2019年10月11日

スマートフォンをカイロで温めるのは良くないのか

スマートフォンのバッテリーが冷えすぎてしまうとバッテリーの持ちが悪くなったり、まだバッテリーが残っているはずなのに電源が切れてしまうことがあります。

そのようなトラブルを防ぐために寒いところでスマートフォンを使うなら、スマートフォンとカイロを併用する方法が考えられます。

しかし、カイロを使ってスマートフォンのバッテリーを温めても問題ないのか気になります。

「寒い日やスキー場ではスマホ電池の減りが早い」は都市伝説? 結露など冬の注意点も|TIME&SPACE by KDDI には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2018年12月17日)
冬の注意点というと寒さにばかり目が行きがちですが、寒さ以外にも、夏と同じように高温による電池劣化にも注意が必要です。

当たり前ではありますが、こたつの中や暖房器具の周りなどにスマートフォンを放置したり、カイロとスマホを同じポケットに入れることなどは避けましょう。冬季は寒さだけでなく、高温にもぜひ気をつけてください。
カイロを使ってスマートフォンのバッテリーを温めると、バッテリーの劣化につながるので良くないようです。

カイロによりバッテリーの温度が高くなりすぎてしまうことが問題であり、スマートフォンにカイロを密着させないようにする等、バッテリーの温度上昇を抑えられれば問題はないと考えられます。

寒さがスマホバッテリーに悪影響? その理由とカイロを使った対策 | ライフハッカー[日本版] には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2019年2月23日)
ところで、発熱するものをスマホに接触させるときは、注意点があります。

スマホをケースに入れていない場合や、ケースが薄いプラスチック製の場合は、カイロを貼りつける前に、スマホを靴下などに入れておいたほうが良いかもしれません。たいていは、スマホのケースがあればバリアとして十分ですが、スマホが壊れては大変ですから慎重に判断しましょう。
厚みがあり熱が伝わりにくい素材のケースにスマートフォンを入れておき、ケースにカイロを貼り付ける方法があるようです。

スマートフォンをケースに入れておけば防寒効果や保温効果もあり、スマートフォンのバッテリーが冷えにくくなると考えられます。