業務使用ソフトウェアをバックアップ用にコピーは著作権法違反?

最終更新日 2019年10月11日

業務で使うソフトウェアをバックアップ用にコピーすると著作権法違反になるのか

業務で使うソフトウェアをバックアップしておくためにコピーするとします。コピーできるとしてもコピーしたら著作権法違反になるのかどうか気になるところです。

そのような疑問に対する答えは、 違法にならないネットライフ(13) あなたの職場は大丈夫? 著作権法で見るソフトウェアの正しい扱い方 | マイナビニュース が参考になります。簡易に答えを書くと以下のとおりです。

著作権法第30条 - Wikibooks にて著作権法第30条第1項第1号を見ると、私的使用を目的とするときは複製することができますので、私的使用ならソフトウェアをバックアップ用にコピーできることがわかります。

しかし、今回は業務使用ですのでバックアップ用にコピーすると著作権法違反になると思えます。インストールも複製に当てはまりますので、業務に使う場合はインストールですら著作権法違反になるように見えます。

著作権法第47条の3 - Wikibooks では、
プログラムの著作物の複製物の所有者は、自ら当該著作物を電子計算機において利用するために必要と認められる限度において、当該著作物の複製又は翻案(これにより創作した二次的著作物の複製を含む。)をすることができる。
とされており、業務で使うソフトウェアをバックアップ用にコピーする行為は、必要と認められる限度に当てはまると考えられますので著作権法違反にはなりません。


キャンペーン情報
富士通
・オータムセール
クーポン利用で16〜22%OFF等の10大特典
(11月13日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)