セキュリティソフト製品版がパソコンに付属で販売に感じる疑問

最終更新日 2019年10月11日

セキュリティソフト製品版の価格が不透明

たいていのパソコンはセキュリティソフトウェアが付属していても体験版ですが、中には製品版が付属しているパソコンもあります。

セキュリティソフトウェア製品版の分の価格が公表されていれば価格を見て納得してから買うことができますが、セキュリティソフトウェア製品版の分の価格が公表されていないことがあります。

これではパソコンを買うとセキュリティソフトウェア製品版に対しいくら払うことになるのかわかりません。

セキュリティソフトウェア製品版が無料で付属している可能性があり、例えばセキュリティソフトウェアのメーカーにとってはパソコンに標準付属してもらえることでシェアが大きくなり、製品版の有効期限後に継続して買ってもらえる可能性が高いのでセキュリティソフトウェアメーカーが裏で負担しているのかもしれません。

しかし、パソコンに限らず商品に何か物やサービスが無料で付属するとしても、付属する分の価格が商品の価格に含まれているものですので、仮にパソコンメーカーが無料でセキュリティソフトウェア製品版を付けていると言っていてもパソコンの価格に上乗せされている可能性が十分あると思われます。

セキュリティソフトを他のショップで買えばもっと安い可能性がある

仮定の話になってしまいますが、セキュリティソフトウェア製品版の分の価格がパソコンの価格に上乗せされており、上乗せ価格が不明だとします。

パソコン購入後にセキュリティソフトウェア製品版も購入する予定があるなら特に問題はなさそうですが、セキュリティソフトウェア製品版の価格はショップによって結構異なります。

例えば、パソコンにセキュリティソフトウェア製品版を付属するか付属しないか選べるショップでは、セキュリティソフトウェア製品版の価格が表示されていますが、セキュリティソフトウェア製品版を単体で販売しているショップで買う方が大幅に安く買えることがあります。

セキュリティソフトウェア製品版の分の価格が最安値クラスでパソコンの価格に上乗せされている可能性がありますが、セキュリティソフトウェア製品版の分の価格を隠していることを考慮すれば、その可能性は低いと思われます。

セキュリティソフトは体験版を利用してから製品版を買うのが基本

仮にセキュリティソフトウェア製品版の分の上乗せ価格が最安値クラスだとします。それなら問題なさそうですが、そもそもパソコンと同時にセキュリティソフトウェア製品版を買うことは良くありません。

セキュリティソフトウェア製品版を買う前に、まずはセキュリティソフトウェア体験版を利用して納得してから買うのが基本です。

自分がパソコンで利用するソフトウェアとセキュリティソフトウェアの相性が悪く、ソフトウェアが正常に動作しないトラブルが発生しないとは限りません。

トラブルが発生する可能性は低いですが、念のためにセキュリティソフトウェア体験版を利用して何もトラブルが発生しないことを確認してからセキュリティソフトウェア製品版を買う方が良いです。

ちなみに、パソコンのハードウェアとセキュリティソフトウェアとの相性が悪く、ハードウェアの動作に支障をきたすこともありますが、パソコンにセキュリティソフトウェア製品版を付属して販売しているなら動作検証くらいはしているはずですのでハードウェアに関してはトラブルが起きないと思われます。


キャンペーン情報
富士通
・新生活応援セール
クーポン利用で18〜23%OFF等の11大特典
(2月26日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(4月8日迄)

コラム - 付属品



マウスコンピューター/G-Tune