SSDは完全消去するために上書きしても一部データが残る?

最終更新日 2019年05月20日

SSD は完全消去するために上書きしても一部データが残るのか

SSD 内部にあるフラッシュメモリーは、データ書き込みにより劣化していき寿命を迎えます。ウェアレベリングと呼ばれる機能は、フラッシュメモリーの一部の領域のみにデータ書き込みが偏って劣化しないように、領域全体でデータ書き込み回数が同じくらいになるようにします。

SSD のデータを完全に消去するために何らかのデータを全領域に上書きしようとしても、ウェアレベリングによって一部の領域にはデータの上書きが発生せず完全消去できない可能性があると考えられます。

SSDのデータを完全消去・復元できぬ方法 - AOMEI には、以下のとおり書かれています。
この機能により、使用頻度が少ない領域が優先して使用されるため、ソフトによる上書き作業を実行しても実際にはデータの書き込みが行われず、消去すべき古い情報をそのまま残してしまう領域が発生する可能性があります。

上書き作業を複数回繰り返すことで全領域に一定のデータが書き込まれ、旧データの読み出しを不可能にすることができると言われているものの、それでもなお安全に消去できる保証はないと言う意見も多く存在します。
この機能とは、ウェアレベリングのことです。データ完全消去のためのデータ上書き作業を複数回行っても、一部の領域にデータ上書きが発生せず完全消去できない可能性があるようです。

SSDのデータ消去 : ディスクシュレッダー には、以下のとおり書かれています。
HDDの場合、消したいデータに別のデータを直接上書きすることで、元のデータの痕跡がほぼ消え、復元が困難になります。しかしながら、SSDのデータ消去では、この方法は安全とは言い切れません。
同記事では、ウェアレベリングによりデータ上書きはどのように行われるのか解説しており、完全消去したいデータがそのまま残る可能性があるようです。また、データ上書きを複数回行えば、完全消去したい元のデータは残りにくくなるそうです。

SSDに保存されたデータを簡単に消去する方法 | 情報漏洩防止のSECUDRIVE|セキュドライブ には、以下のとおり書かれています。
ただ、SSDにあるデータの消去する際、既存のHDDを消去する方法でSSDを消去すると、SSDのウェアレベリング(セルを均等に分散させ、読み取り/書き込みをする手法)により、特定の区間のデータは消去されない場合があります。
この記事からも、データ上書きでは一部のデータは完全に消去されない可能性があることがわかります。

・SSD は完全消去するために上書きしても、ウェアレベリングにより一部データが残る可能性あり


キャンペーン情報
マウスコンピューター
期間限定セール icon
期間限定で大幅値引き!最大50,000円OFF!!(一部モデルのみ)
(9月25日迄)
DELL
・オンラインビッグセール
半期に一度!ALIENWARE&Dell Gシリーズ、クーポンで全品20%Off
(キャンペーン実施中)
ドスパラ
・消費税増税目前カウントダウンセール!
特価パソコンをはじめ、お買得なパソコンパーツ、周辺機器を多数ご用意
(9月30日迄)
パソコン工房
・駆けこみ半期決算セール 第1弾
BTOパソコンやPCパーツ・周辺機器などがお得な価格
(9月17日迄)