ハイバネーション(休止状態)ファイル(hiberfil.sys)とは?

最終更新日 2019年10月11日

ハイバネーション(休止状態)ファイル(hiberfil.sys)とは何か

Windows 8.1ミニTips(110) 高速スタートアップが使うハイバネーションファイルのサイズを変更する | マイナビニュース には、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2015年3月14日)
ハイバネーションファイル(hiberfil.sys)は、PCが休止状態に入るときに、作業中のデータ(メモリの内容)を一時的に待避させておくためのファイルである。Windows 2000からサポートし、OSのバージョンを重ねるごとに改善されてきた。そしてWindows 8では、高速スタートアップに関する情報も格納する仕組みに変更している。
パソコンを休止状態にすると電源を切ってシャットダウンした場合と同じようにメインメモリーへ電力が供給されなくなり、メインメモリーではデータを保持できなくなります。

メインメモリーのデータをストレージへ退避させファイルに保存しますが、そのファイルがハイバネーション(休止状態)ファイル(hiberfil.sys)のようです。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

Windowsのハイバネーション



マウスコンピューター/G-Tune