Windows API

最終更新日 2022年06月19日

Windows APIとは

基礎

Windows APIとは、Windows Application Programming Interfaceの略であり、アプリケーションがWindowsの機能を使用することを実現するAPIです。既に用意してあるWindowsの機能を使用することで、アプリケーションの開発効率が上がります。Windowsであれば製品が異なっても同じWindows APIがあるので、Windows APIを使用するアプリケーションであれば異なる製品でも動作します。例えばWindows 2000でもWindows XPでも動作します。

Windows APIの種類

Win16

Win16とは、16ビットWindowsのWindows APIです。

Win32

Win32とは、32ビットWindowsのWindows APIです。

Win64

Win64とは、64ビットWindowsのWindows APIです。


キャンペーン情報
マウスコンピューター
夏の感謝セール
最大88,000円OFF!!
(8月17日迄)
DELL
・クーポンで人気のパソコン・モニターがお買い得
おすすめパソコンがクーポンで最大22%OFF、ビジネス向けパソコンは最大49%OFF。モニターも最大25%OFF。
(キャンペーン実施中)
パソコン工房
・大ボーナスSALE
ゲーム・クリエイターPCがお得!PCパーツや中古商品も充実
(8月9日迄)

Windows API



デル株式会社