Windowsのサスペンド、スタンバイ、スリープの違いとは?

最終更新日 2019年10月11日

Windows のサスペンド、スタンバイ、スリープの違いとは何か

用語解説辞典|【公式】NTTPC には、以下のとおり書かれています。
 サスペンドはウィンドウズ95 の機能で、この機能に対応していると「スタート」メニューの「Windowsの終了」の上に「サスペンド」という項目が出た。

 ウィンドウズ98 やウィンドウズMe は「Windowsの終了」の中に「スタンバイ」がある。ウィンドウズ2000 は「シャットダウン」の中に「スタンバイ」がある。ウィンドウズXP は「終了オプション」の中に「スタンバイ」がある。

(略)

 ウィンドウズ・ビスタやウィンドウズ7 では、スリープという名称に変わっている。
Windows のサスペンド、スタンバイ、スリープ、これらはパソコンを一時的に止めておく機能であり、Windows 95 ではサスペンド、Windows 98 以降ではスタンバイ、Windows Vista 以降ではスリープと呼ぶようになったようです。

スリープ (コンピュータ) - Wikipedia には、以下のとおり書かれています。
Windows 95ではサスペンド、Windows 98以降はスタンバイ、Mac OSやWindows Vista / Windows Server 2008以降ではスリープ、Linuxではサスペンド、と様々な名称で呼ばれるが、基本的にはいずれもメモリ以外の給電を可能な限り行わず、待機状態に入ることである。
この記事からも Windows によって機能の呼び方異なることがわかりますが、同様な機能を Mac OS ではスリープ、Linux ではサスペンドと呼ぶようです。

・サスペンド、スタンバイ、スリープはどれもパソコンを省電力の待機状態にする機能であり、Windows 95 ではサスペンド、Windows 98 以降ではスタンバイ、Windows Vista 以降ではスリープと呼ぶ


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

Windowsのスリープ



マウスコンピューター/G-Tune