システムリソースとは?

最終更新日 2019年10月11日

システムリソースとは何か

@IT:Windows TIPS -- Caution:原因不明のメモリ不足エラーに対処する方法(デスクトップ・アプリケーション・ヒープ不足エラーに対処する方法) には、以下のとおり書かれています。
 16bitの流れを汲むWindows 9xには、システム・リソースと呼ばれるWindowsシステムの作業用メモリ領域があり、新しいウィンドウが生成されたときや、ウィンドウへのグラフィックス描画がなされたときなど、作業データがこの領域に確保されるようになっている。
リソース不足と警告が出るときは? - 日経トレンディネット には、以下のとおり書かれています。
システムリソースは、Windowsで動作するソフトが共通で利用する特殊なメモリー領域です。Windows 95/98/Meには、USERリソースとGDIリソースの2つがあり、USERリソースはアプリケーション操作で開くダイアログやウインドウなど操作のための情報、GDIリソースは画面表示に使うフォントやビットマップ画像、アイコンなど、グラフィックス表示関係の情報に使われます。
用語解説辞典|【公式】NTTPC には、以下のとおり書かれています。
 きわめて単純化して説明すると、メモリーの中にあるウィンドウズの指定席のような場所だ。主に、画面表示に必要なプログラムなどが置かれる。
Windows 上でソフトウェアを起動して使うと、ソフトウェアがメインメモリー領域の一部を利用しますが、それとは別に Windows システムがソフトウェアに関わるデータのためにメインメモリー領域の一部を利用し、その領域はシステムリソースと呼ばれているようです。

具体的にどのようなデータがシステムリソースに保持されているのか、日経トレンディネットの記事に書かれていた「画面表示に使うフォントやビットマップ画像、アイコンなど、グラフィックス表示関係の情報」というのはわかりやすいと思います。

いろんなソフトウェアを見てみると、各ソフトウェアに共通して見られるフォント、ビットマップ画像、アイコン等が見られますが、これらはシステムリソースに保持されており、各ソフトウェアが利用していると考えられます。

「ダイアログやウインドウなど操作のための情報」についてはイメージしにくいですが、複数のダイアログやウィンドウの中でどれを選択して操作するのか、どのソフトウェアに属しているのか等、Windows システムが制御できるようにダイアログやウィンドウを管理するために必要な情報が保持されていると考えられます。

・システムリソースとは Windows システムがダイアログやウィンドウの管理や表示をするために必要なデータを保持するために利用するメインメモリー領域の一部


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)

システムリソース



マウスコンピューター/G-Tune