ホームページ見るだけでもサポート終了後のWindows XPは危険?

最終更新日 2019年10月11日

ホームページ見るだけでもサポート終了後のWindows XPは危険なのか

2014年4月の呼びかけ:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 には、「パソコンではホームページを見るくらいで、特別なことはしていない。それでも対策する必要はありますか?」という相談に対する回答が、以下のとおり書かれています。(この記事の公開年月日は2014年4月1日)
 脆弱性を解消していないと、ウェブサイト(ホームページ)を閲覧しただけで、ウイルスに感染してしまう「ドライブ・バイ・ダウンロード」という手口があります。たとえホームページを見るだけでも脆弱性の放置は危険で、対策は必要です。
 2013年は多くの企業のウェブサイトが不正に改ざんされてしまい、脆弱性が放置されたパソコンでそのサイトを閲覧するとパソコンがウイルスに感染してしまう事例が相次いで発生しました。大手企業のウェブサイトが改ざんされた事例もあります。Windows XPを使い続けるということは、この「ドライブ・バイ・ダウンロード」の被害に遭いやすくなるということで、非常に危険と言えます。
ホームページ見るだけでもウイルスに感染するリスクがあるようで、サポート終了後のWindows XPは危険のようです。

そのようなウイルスに、新たに発見され解消されず放置される脆弱性を悪用するタイプが出てくる可能性があるので、非常に危険と考えられます。

大手企業のウェブサイト等、信頼できるホームページのみを見るとしても、不正に改竄される可能性があるので、危険に変わりはないようです。


キャンペーン情報
富士通
・大ボーナスセール
クーポン利用で16〜23%OFF等の10大特典
(11月27日迄)
学割キャンペーン icon
学生、教職員の方に特別割引クーポン等の学割特典
(キャンペーン実施中)
シークレットクーポン
特別割引率のクーポン
(11月27日迄)